何度でも貴方に会いに
何度でも貴方に会いに
234X年。公園で散歩していた少女は一人の老人と出会う。老人と少女は話すうちに仲良くなるが、もう別れの時間だと老人は言う。また会いたいと言う少女に、老人はあるお店の場所を教え、そこに行けばまた会えるかもしれないと話す。少女は老人と再会するため、お店に向かうのだった...