ミライは「すべて」知っている
ミライは「すべて」知っている
何不自由のない生活を送っていた健太。ある日、娘のアイコから亡くなったはずの息子・ミライと遊んだという話を聞く。ミライのことを忘れようとしていた健太と真由美はこの事実に動揺を隠せない。そんな中、ミライがアイコに伝えた二人への最後の言葉を聞くことになり…