僕の
僕の
大学生の悠人は、ある日念願だった彼女である舞香の家にお邪魔することに。誰もない家、彼女の部屋で2人きり。心は踊り、唇は自然と吸い寄せられる――が、突然開いたドアの向こうに立っていたのは、舞香の義理の弟・円だった。「私は円に嫌われてるから…」そう言う舞香だったが、悠人は円にある違和感を感じ――