長谷部toサチ
長谷部toサチ
クリスマスの夜。長谷部のLINEに娘のサチから連絡が入る。長谷部はサチのもとに駆け付けようとするが連絡が途絶える。心配する長谷部の脳裏にサチが家を出て行った前日の出来事が蘇る。サチは亡くなった妻の連れ子であり14歳しか違わず元々は中学時代の教え子だった。血の繋がらない父と娘による、繋がれ(ら)ない愛のお話